• 白川

ルカニ村便り/Habari kutoka Lukani - Lukani up date・2013 No.2

アレックス・シラー Alex SILAA

In the year 2013, we had some new events in Lukani village. I welcomed some guests from Japan, e.g., Alternative tour member and Coffee study tour group.

For the first time I accommodate eleven people in my house and we could prepare the meals for fourteen people. So I got a new experience to have such number of people in my house.I could use a new wing extended in my house to accommodate more guests.

The coffee harvest for this year is low compare to the last year, this is due to short of (April/May) rain fall as our farm usually depends on rainfall. We have no irrigation system now and this is harvest season for the coffee..

But the coffee farmers face another problem of falling the price of coffee from Tsh 3200/kg to Tshs 2200/kg. This will result for many farmers to disregard planting new coffee seeds. But as you might be aware the Lukani village does not depends on coffee only, but also degenerate income from other sources like cow keeping (to sell milk) and banana selling. All this add their income, when the price from coffee falls.

About water irrigation project, unfortunately the the feasibility study shows that the cost for this project shall be more than Tsh 1.2 billion, this means more than US$750,000. So it is not easy to get this project approved in the Ministry of Agriculture, as it cost large amount of money.

So the villagers think that it is better to look at Secondary school project as the secondary school lacks classrooms, staff houses, library and laboratories, the survey and map and BOQ (Bill Of Quantity) for this project is already done and we submitted to the Embassy of Japan, so we expect to extend the number of classrooms and building a laboratory and staff houses in Secondary school. Looking at the Secondary school project does not mean that we give up the irrigation project, we shall continue to press at Ministry of Agriculture for irrigation project. That is about Lukani

This year in my office, we got very big shock while attending the guest in Lukani on 26th August, I got a call from my fellow staff, about passing away of Mr. Ngubi. It was very shock to me as we had been together for more than thirty years. Working together at University of Dar es Salaam and the initiate of establishing JATA Tours in 1998.

So I had to go back to Dar es Salaam and proceed to Morogoro and join the other staff of JATA Tours to attend the funeral held in Kingolwira. We shall miss Ngubi san forever, amen.

Alex Silaa

(17/12/2013)


 2013年には、ルカニ村では新たないくつかのできごとがありました。たとえば、オルタナティブツアーや、コーヒースタディツアーなどの日本からのお客さんを迎えました。最初は11人のお客さんがわたしの家に泊り、それから14人分の料理を作ったこともありました。我が家にそんなに多くのお客さんを迎えるのは初めての経験でした。増築した部分を使えたので、より多くのお客さんを迎えることができました。

 今年のコーヒーの収穫量は昨年より下がりました。これはわたしたちの畑への(4、5月の)降雨量が少なかったからです。普段、わたしたちは雨水に頼っているのです。灌漑設備はありません。今はコーヒー収穫の季節です。

 しかし、コーヒー農民はコーヒー価格が1kgにつきTsh3,200からTsh2,200へと下降してしまったという問題にも直面しています。このことによって多くの農民たちは新しいコーヒーの種を植える気持ちをなくすでしょう。でも、ご存知かもしれませんが、ルカニ村はコーヒー栽培のみに頼っているわけではなく、乳牛の飼育やバナナの販売などのほかの収入源も作り出しています。これら、コーヒー価格が下落しているときに、補完する収入をもたらします。

 灌漑プロジェクトに関しては、あいにく経費が12億シリング、つまり75万米ドルもかかるということが予備調査で出てしまいました。この莫大な経費からみて、このプロジェクトが農業省の認可を得ることは簡単ではありません。  村人たちは、まだ教室や職員宿舎、図書館や実験室の足りない中学校増築プロジェクトに目を向けたほうがいいのではないかと考えています。プロジェクトのための測量と地図とBOQはすでに終わり、日本大使館に申請しました。中学校の教室が増え、職員宿舎や実験室が作られることを期待しています。  中学校プロジェクトに目を向けることは、灌漑プロジェクトを諦めたということではありません。灌漑プロジェクトのために継続的に農業省と交渉していくつもりです。

 今年はわたしたちの会社は大きなショックを受けました。ルカニ村にお客さんたちを受け入れていた8月26日に、同僚からグビさんが他界したとの電話があったのです。35年以上もの間、彼と一緒にすごしてきたわたしにとって、これは大変ショックな出来事でした。ダルエスサラーム大学で共に働き、JATA TOURSを1998年に一緒に設立したのです。わたしはキンゴルウィラ村で行われる葬儀に参列するためにJATA TOURSのほかのスタッフたちとともにルカニ村からダルエスサラームに一度戻らねばなりませんでした。  わたしたちは永遠にグビさんのことを忘れないでしょう。アーメン。

アレックス・シラー  

(2013年12月17日)

📷 コーヒー豆を乾かす ©コーヒースタディツアー2013 📷 村の子どもたちと©コーヒースタディツアー2013

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

スタッフ投稿【目次】

JATAツアーズのスタッフたちが綴るタンザニアをご紹介します。 ​【目次】 ​ ★Kusikia si kuona(百聞は一見にしかず)    相澤 俊昭 ​ ★Habari kutoka Lukani(ルカニ村ニュース)  アレックス(ルカニ村出身) ​ ★Habari kutoka Kingolwira (キンゴルウィラ村ニュース)  グビ、ハミシ、ヤウミ(キンゴルウィラ村出身) ​ ★Hab

 

購読登録フォーム

このサイトで使用されている写真、記事の無断転載、使用を禁止します。
©2019 by JAPAN TANZANIA TOURS/ジャパンタンザニアツアーズ. Proudly created with Wix.com