• 白川

Shwari No.8 Ruins of Kilwa Kisiwani and Songo Mnara ~キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群(リンディ州)~

石原裕介(いしはら ゆうすけ)

ダルエスサラームの南方約330㎞にあるキルワ。かつては黄金の交易都市として東アフリカ最大の繁栄を誇っていたこの地には、現在、世界遺産『キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群』がある。キルワ・キシワニ島とソンゴ・ムナラ島を中心に、モスクやスルタン宮殿の跡が残る。

<行き方> 車の場合:キルワロードを南下すること330㎞。ナングルクル(Nangurukuru)のラウンドアバウトを左折。途中で60㎞ほど未舗装路があるため、所要時間は6時間ほど。 フライトの場合:コースタルが毎日1往復している。料金は片道$255/名。1時間10分。

📷<キルワ・マソコ> リンディ州キルワ県の県庁所在地があり、大陸続きにある町。ナングルクルを左折するとこの町に到着する。キルワ・キシワニとソンゴムナラの遺跡群の玄関口になる町で、リゾートホテルもいくつかある。ここに宿を取るのがお勧め。観光客はこの町にある役所で遺跡への許可証を取ることになる。近年リゾート開発に力を入れているそうだが、まだまだ田舎町といった様子。役所ものんびりしていて、土日は許可証を出す職員がいないことも…。役所にいる人なら誰でもいいので、声をかけて担当者を呼んでもらおう。

マソコの役場でエンジンボート(またはダウ船)を紹介してもらい、いざ、遺跡群へ。ソンゴ・ムナラだけなら半日、キルワ・キシワニまで足を伸ばすと1日かかる。2つの島を回った場合、エンジンボート代+ガイド料でTsh100,000ほど。ガイドブックを見ると、キルワと言えばキシワニの遺跡がメインで紹介されているが、時間があればぜひとも両方訪れてほしい。

📷<キルワ・キシワニの遺跡群> キルワ・マソコの対岸に位置するのがキルワ・キシワニ島。ボートで渡るとすぐにゲレザと呼ばれる砦が目に飛び込んでくる。これはポルトガルが16世紀初めに建てたものだそうだ。キシワニには、大小さまざまな宮殿やモスク等の遺跡がたくさんあり、ほとんど手入れもされないまま、ただ静かに時を重ねている。ソンゴ・ムナラよりも遺跡の状態はしっかししているので、ガイドの案内に従って、一つ一つ遺跡を回って、歴史を感じてほしい。

<ソンゴ・ムナラの遺跡群> 📷マソコからエンジンボートを走らせること40分。ソンゴ・ムナラへ到着する。遠浅のため、岸までは船をつけられない。したがって、靴を脱ぎ、ズボンを膝まで上げ、船を降りて歩いて上陸することになる。島はまさに南国の楽園といった様子で、映画のような世界が広がる。島の入り口には民家が並び、木陰でおしゃべりしている人達が気軽に話しかけてくる。

さらにそこから10分ほど、ぴちゃぴちゃと浅瀬の中を歩き、マングローブの林を抜けると、ソンゴ・ムナラの遺跡群が現れる。ココナッツの木々に囲まれながら、遺跡は何を主張することもなく、ただひっそりと眠っている。歴史に埋もれた遺跡の中を、思うがままに探検してみるといいだろう。疲れたら、木陰で休めばいい。ガイドが採ってくれたココナッツを飲みながら、のんびりと過ごしてみるのもいいかもしれない。

(2010年4月15日)

*「Shwari」  私の大好きなこの言葉は、スワヒリ語で「平穏」を意味し、タンザニアでは挨拶でも用いられるほど頻繁に使われます。このコーナーでは、そんな穏やかでのんびりしたタンザニアの様子を、みなさんにお届けしていきたいと思います

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

スタッフ投稿【目次】

JATAツアーズのスタッフたちが綴るタンザニアをご紹介します。 ​【目次】 ​ ★Kusikia si kuona(百聞は一見にしかず)    相澤 俊昭 ​ ★Habari kutoka Lukani(ルカニ村ニュース)  アレックス(ルカニ村出身) ​ ★Habari kutoka Kingolwira (キンゴルウィラ村ニュース)  グビ、ハミシ、ヤウミ(キンゴルウィラ村出身) ​ ★Hab

 

購読登録フォーム

このサイトで使用されている写真、記事の無断転載、使用を禁止します。
©2019 by JAPAN TANZANIA TOURS/ジャパンタンザニアツアーズ. Proudly created with Wix.com